音楽業界のこと

【元音楽関係者が】A&Rってなに?どんな仕事するの?【徹底説明】

こんにちは!きらなみ(@kiranamialoha)です。

きらなみ

私は「芸能関係の仕事がしたい!!」
という気持ちが学生の頃からありました。


そして、学校を卒業してからハワイへ留学する直前まで、
10年以上、音楽業界で仕事をしていました。

音楽業界の中でも、レコード会社で働いていた私は、A&Rとして
ミュージシャンを担当していました。

みなさんの中で、芸能、音楽の仕事ってどんなイメージですか?

華やかな部分が表にでるので、裏方も華やかな世界に思うかもしれません。

が、それは大違いです!!

私がやっていたレコード会社での職種「A&R」とは、どういう事を仕事としているのか?

音楽業界で仕事をしたいと思っている人達や、どんな仕事なのか興味がある人達へお伝えしていこうと思います!

A&Rとは何か?

「アーティストアンドレパートリー」の略です。

レコード会社の音楽制作部に所属する事がほとんどで、「音楽ディレクター」のようなものです。(というか私はそう思ってます)

アーティスト(ここではミュージシャンの事)の担当となり、デビューから
(もしくは前任のA&Rから引き継いで)ヒットを目指すべく、二人三脚で動いていきます。

「どんなアーティストにしていくか?」

「どういった事を表現したいのか?」

「デビュー後はどこを目指していくのか?」

など、アーティスト本人の意思や、事務所に所属している場合は事務所のマネージャ―と話し合いをしながら、こちらのレコード会社側の意見も
受け入れてもらえるように(←これ重要!!)
、アーティストをブランディングしていきます。

A&Rはどんな実務があるのか?

やる事は多岐にわたるため、一部を書いていきます!
以下は主に現場でアーティストとやる仕事です。

【レコーディングの実施
エンジニア、スタジオをおさえたり、MIXの確認や、TDなどを行い、マスタリングして、社内のしかるべき部署へ納品するまで一連の作業を、責任者として行います。(全ての段取りをたてて、スケジュール通りに進行していかなくてはいけません…!)

【ミュージックビデオの撮影
どんな監督に撮影してもらいたいか?どんなイメージのMVをお願いしたいか?など、アーティストと話し合って方向性を決めて制作プロダクションへ依頼します。

希望監督を伝えて発注してもらい、撮影。
撮影が長いと、30時間かかった時ありました。。。
オフラインチェック、修正、MA作業、そして社内の部署へ納品までが一連の仕事になります。

【衣装決め】
楽曲に合う衣装を、スタイリストさんに発注して揃えてもらいます。
自作のオリジナルを作りたいときは、遅くても3か月前くらいには
スタイリストさんへ発注したいところですね…

【ジャケット/アーティスト写真撮影】
ジャケットやブックレット、その他、宣伝や、ノベルティなどに使用するため、アーティストの写真を撮影します。
カメラマンやデザイナーについても、色んな資料を見て、楽曲に合うような世界観の人に発注します。
どんな雰囲気で、どんなカットを撮影して欲しいのか、などの希望も伝えます。

【ライブをする】
アーティストと事務所とライブ制作会社で、ライブ日程を決めたり、予算内でどのようなライブにするかなどを決めていきます。
ライブするに伴い、リハーサルなどもあります。
アーティスト本人たちが一番楽しみにしている仕事ですね。

【CDリリース後のプロモーション活動】
TVの音楽番組の出演、雑誌の取材、ラジオ番組への出演。
全て仕切る為、同行します。

上記に伴う動きで、アーティストをはじめ、ヘアメイク、スタイリスト、デザイナー、カメラマンを発注してスケジュールを調整していく役割も果たします。

大人数のため、色んな人のスケジュールをおさえるのは相当大変なので、早めに発注する必要があります。

以上が、大まかにアーティストと仕事をしていく内容の一部になります。

きらなみ

ちなみに私は、ジャケット撮影の仕事が一番好きでした☆

会社の中では、どのような作業をしているの?

【年間予算の作成】
予算が無いと、何もできない!ので、年度が始まる前に、ある程度年間のリリーススケジュールをたてて、それに伴って予算を入れ込みます。
何とかして上司に承認をしてもらいたいので、結構売上枚数をつんだりも…。

その結果売れないとそれはそれで、予算と実績との差異が出るため、怒られますが…

【制作会議】
CDをリリースするために制作部長などに、売り上げの数字や、リリース内容をプレゼンをして、それについて議論して、リリース決定をするみたいな会議になります。


「こんなに売れるの?」
「この予算は高すぎだ」
「赤字は出ないよな?」

みたいな事を言われるので、プレゼン資料を作り込んで臨んでいました。
まぁ…だいたいリリースさせてくれますが…!

【宣伝部会議】
レコード会社内には、宣伝部があって、そこにリリース日を事前につたえます。
CDリリース日近辺に露出が集まるように仕込んでもらうようお願いしにいきます。(ぶっちゃけますが、アーティストによっては、なかなか決まらない…!)

以上、一部としてはこんな感じです。

もちろん、これ以外にも細かい事は多々ありますが…どんどん長くなるので、次へいきましょう!

どんな人がA&Rにむいているの?むいてないの?

個人的な意見を箇条書きにしますね。

<むいてる人>

・良い意味でぶっ飛んでる人
・発想が人と違ったり、遊び心がある人
・音楽が好きな人
・フットワークが軽い人
・デスク作業だけじゃ物足りない人
・自分の作品を作りたい人

<むいてない人>

・完全週休二日がいい人(土日祝休みがいい人)
・決められた仕事だけしたい人
・言われた事しかやらない人
・もくもく作業のほうが好きな人

あくまで私個人の意見ですからね…!

むいてる人には、特にお伝えする事はないのですが、一応知っておいていただきたいこととして、

休みは結構少ないです。

今は、働き方改革でだいぶ違うかもしれませんが、長時間の現場もあるため
10-18で帰りたい、という人はむいてないです。

時間は不規則です。
あと、土日祝日は基本は出勤なので、(ライブやイベントが土日祝日にあるので)どうしても土日祝日は休みたい!とう人には難しいでしょう。

そのほかに、言われた事だけをやりたいのであれば、向いてないかもしれないです。

なぜならば、突然何が起きるかわからないためです。
起きた事にフレキシブルに対応していかなくてはいけません。

もし、決められた仕事をしたい人が、この職種についたら、色んな意味でイライラしてしまうかもしれません。

その他に、アーティストや事務所と意見がぶつかる事も多々あります。

レコード会社としては、全部言いなりになるわけもいかず…相手に納得してもらうためにじっくりと話し合いをする機会も出てくると思いますので、そういうところで精神的にへこみすぎない人がいいかもしれないです。

結局は、人間同士の仕事なので、お互い納得するまでとことん…!という場面は多いと思いますし、情熱は伝わったりしますからね!

と、まぁ結構きつい書き方をしたかもしれませんが、何も心構えがない状態で現場に入るよりは、ここらへんの事を認識していたほうが、いろんな意味でいいかと思います。

現場の雰囲気は?A&R同士は仲良しなの?

同じA&R同士は、それぞれアーティストを担当していて、それぞれの色々と山場がありますので、時間があえば、仕事終わりに飲みにいって情報交換がてらいろんな話をします。

実はこの情報交換というのは結構大事で
例えば、
・他社のアーティストのリリース日がどうなってるか?
・CDの特典に何をつけるのか?
・作家さんは誰に頼んだのか?
・今の音楽業界についての話

など、いろんな話をします。
しかも、ここでアイデアとか生まれて実務に反映出来たりもするので、あなどれません!

それ以外にも、お互いそれぞれあると思うので、同じ立場で話せてほっと一息つけます。楽しいですよ!

まとめ

今回はA&Rの仕事をご紹介しました。

文章を読むだけでも、結構多岐にわたる仕事があるとおわかりいただけたかと思います。

忙しいです!

はっきりって予算も背負うし、アーティストの運命も背負うし。

責任重大です!!!

でも、担当するアーティストと一生懸命制作したCDが売れたり、オリコン1位を取ったり(ちなみに、私が担当したアーティスト、オリコン1位取りました!!)
TV番組に出演するとか、SNSなどで話題になる、とかその他にもたくさんの喜びを感じれます!

アーティストと気持ちをこめて作り上げた作品が、人の心を動かしたり、思い出に残してもらえるものだとしたら、どんなに素敵な仕事なのだろう、と思うのではないでしょうか!

もしこの記事を読んで、1ミリでも興味を持たれたかたがいたら、めちゃくちゃ嬉しいです!

最後に、A&Rのみなさん、日々お疲れ様です!
みなさんがいるから、素敵な音楽が完成するわけですから。

これからもA&Rのみなさんとアーティストがつくりあげていくたくさんの作品を楽しみにしていますね!!!

それでは、今回は長くなりましたが、おわりっ!♩
また、音楽業界の話、記事にしていきたいと思います♩

【元音楽関係者が語る】音楽番組の裏側教えます!元レコード会社勤務の音楽関係者として、A&Rという職業でやっていたころの現場の話をお伝えします。今回は音楽番組の裏側をA&R目線でお話していこうと思います。音楽関係の仕事につきたいかた、ぜひご覧ください。...
【経験者が教える】新卒以外でエンタメ業界(テレビ/音楽など)へ転職する方法エンタメ業界で働けるのは新卒だけなのか?そんな事はないです。転職組だってエンタメ業界で働く事も全然できます!今回はその方法をご案内します。エンタメ業界で仕事をしたい!という気持ちを絶対諦めないでください!...
【元音楽関係者が語る】ミュージックビデオ撮影の裏側 みなさんこんにちは!きらなみ(@kiranamialoha)です。 今回は、元レコード会社A&Rの私が、好きだった仕事上...