海外の旅

【プリンスエドワード島】シャーロットタウン にある絶景すぎる公園・ビクトリアパーク

シャーロットタウン中心地からすぐ!

プリンスエドワード島は
カナダ東部(アトランティックカナダ)
に属している小さな島です。

州都シャーロットタウンは
人口約3万3千人の小さな街です。

そんな市民の憩いの場所として存在するのが
「ビクトリアパーク」というとても大きな公園です。

シャーロットタウン のメインの通りから
徒歩5分ほどで到着します。

早速場所を見てみましょう!

市役所の前のメイン通り
「クイーンストリート」から歩いてすぐ!

市役所を右手にして、左折すると
消防署があります。
「ケントストリート」という通りです。
そこをまーーーっすぐ歩くと
いつの間にかビクトリアパークの中に
入っていく道のりになっています。

入り口には、ガバメントハウス・副総督の邸宅があります。
白い建物で、いかにもな西洋風の造りです。
7月、8月の平日にガイドツアーがあり
無料で見学出来るそうです。
歴史的に貴重な建物なので
是非訪れてみるのもおすすめです。

ガバメントハウスの反対側には
「ビーコンズフィールド」と言われる
1877年に造船業者の人が建てた大邸宅があります。

有料ですが、室内を見学出来ます。⇩

ビクトリアパークでは
季節ごとに様々な催しがあります。

例えば、毎年7月1日は
「カナダDAY」と呼ばれ
いわゆるカナダの建国記念日です。

この日はもちろんお祭りです。
たくさんの人がお昼から集まって
コンサートをやったり
夜は花火が上がったり盛り上がります!

フードトラックもあったり
とにかく開放的な日です。
カナダの旗をもらえたり
白と赤のカナダ色の飾り付けも街中で見えます🇨🇦

「カナダDAY」以外にも
野外ライブが行われたり
夕方から映画の上映会をやったり
など、季節によって異なるイベントが開かれます。

天気の良い夕方から夜にかけて
野外で映画を見るなんて素敵ですよね。

メインは芝生なんですが
テニスコート、野球のグランドもあったり
スポーツをしている人たちも多いです。

その他に、子供達が遊べる遊具がある場所や
サマーシーズンだけ開く子供プールもあるので
昼間はお子さんがいる家族連れが多いです。

夕日が素敵すぎる!!!

サンセット好きな自分としては
ビクトリアパークから見る絶景は見逃せません!!

この夕日は、2018年8月5日20:20分のものです。
めちゃくちゃ綺麗ですよね!!
右側の小さな灯台があるのわかりますか?
なんか絵になりますよね!

ちなみに、これも同じような場所から撮影したものです。
これは2018年7月3日21:47の景色です。

両方の写真を見て頂いて
お気づきになるかもしれないですが
夏はめちゃくちゃ日が長いです!!!

なので、夜仕事を終えた方達が
ご飯を食べたあと、散歩に訪れてます。

ボードウォークにたくさん人が歩いてて
夕日を撮影したりして
夏の夜は色んな意味で賑わってます。

毎日こんな景色を見れるなんて
本当に羨ましい限りです!😆

アイスクリームのおいしいお店あり☆

ボードウォークを海沿いに歩いていると
途中でお店が出てきます。

「Kiwanis Dairy Bar」というところですが
いつ見てもお客さんがいる感じです。

アイスクリームがおいしいみたいで
よく食べている人を見かけました。

ホームステイしていた友達も食べたみたいですが
おいしかったそうです☆

私は行かなかったんですけれど
今思えば行っておけば良かったと後悔してます😅

ボードウォークはこんな感じです。
海沿いを歩けます。

途中にベンチがあって座って眺めてると
ゆっくり流れる時を感じれて
優雅な気持ちになりますよ👍

虫には要注意!

ベストシーズンの間は、散歩をしたり
ボードウォークにあるベンチに
座って湾を眺めたり、夕日を撮影したり
本当に素敵な公園なんですが、
木々が多いので、虫には注意してください!

特に、蚊はめちゃくちゃ強力です!!!

服の上からでもめっちゃ刺してきます
で、跡が普通に残ります。

しばらくしたら消えますが、
結構普通に痒くて痛くてぷっくり膨れます…

日本から来られるかたは
ムヒ的なものをお持ちいただくのを
お勧めします!

【まとめ】どの時間帯でも癒される市民憩いの公園

これに尽きますね!

朝早起きしてウォーキング
してる人もいるし
お昼はピクニックやランチを
取ってる人もいるし
夜は夕暮れを見ながら
散歩してる人もいるし…

シャーロットタウンの人達にとっては
とても大切な場所であることは
間違いないと思います。

プリンスエドワード島へ旅行される方には
必ず訪れて欲しい場所です。

素敵な場所すぎて、帰りたくなくなりますよ!👍